カテゴリー: 未分類

  • フライデーFRIDAY創刊号 昭和59年1984年11月23日号

      いわずとしれた講談社の写真週刊誌の創刊号。三和銀行のオンライン詐欺事件で出所したI氏の実家ベランダでの家事姿、倉田まり子と投資ジャーナル中江滋樹、未知やすよと巨人の若手選手吉村禎章のツーショット。拳銃強奪後 […]

  • 週刊プレイボーイ昭和53年9月12日号

    メーカーがホールに配布する虎の巻を入手したと称してパチンコの釘読み指南、天やハカマ、上向き、下向きの違いなど。パチンコスクール代表の伊藤和孝らがコメント。オヨヨ大統領や唐獅子株式会社で人気の小林信彦が東京下町をいく。谷啓 […]

  • 週刊読売昭和51年8月7日号アグネスラム表紙

    捜査進むロッキード事件、丸紅から次に逮捕されるのは誰か、人質的に女子社員が逮捕されるとの憶測も。田中角栄周辺の騒然とする様子。丸紅幹部逮捕で手錠をかけた写真が撮られたことには、元警察の秦野が怒りのコメントも。立花隆と羽仁 […]

  • 雑誌 太陽1998年4月号 小学館

    最後の将軍、慶喜。日本史の登場人物としての役目を終えてから、30代以降、趣味人として明治を生きた。本誌では彼の出生から将軍としての事業、開国、大政奉還など、人生を追い、そして後半生と作品を紹介する。とくに熱心に打ち込んだ […]

  • 週刊現代昭和52年7月14日号

                [contact-form][contact-field label=”名前” type=”name […]

  • 週刊プレイボーイ昭和54年(1979年)1月号

    当時の流行語「不確実性」のキーワードで、新しい試みをする様々なジャンルの人物紹介。ラグビーからプロレスに転向した原進(阿修羅原)ら。小ネタでは高層ビルではハゲが増えるという珍説、糸居五郎が「男のロマン」として海上から送る […]

  • 週刊ポスト昭和56年6月5日号

    核持ち込みに関するライシャワー発言への反応など鈴木善幸の対米外交、原潜当て逃げ事件に、日米合同演習はえ縄漁業などにも触れ二枚舌外交を批判。歳費ほかボーナス値上げ、議員宿舎、帰郷旅費その他雑費などなど議員特権を野末陳平らが […]

  • 週刊読売昭和46年4月30日号

    ニクソンと周恩来のいわゆるピンポン外交の余波、国内では台湾派の大蔵大臣の福田派、中国にネットワークを持つ田中角栄、藤山愛一郎らポスト佐藤を狙う政治家たちが外交の主導権を握ろうと注視する。ピンポン外交については中共との対立 […]

  • 週刊ポスト昭和58年9月2日号

    放送局、新聞社のほか鉄道、流通などケーブルテレビへの参入表明が相次ぐなか、郵政省と通産省が利権争いの様相。読売巨人ジャイアンツのレジー・スミスが,大阪逃亡事件、ロッカー破壊事件、達川光男の顔に砂をかけ事件など問題行動につ […]

  • 週刊サンケイ昭和52年12月29日号

    福田武夫に財界からブーイング、大蔵大臣に財政積極派の河本を選ばなかったことなどでくすぶる火種。江田三郎の死去により参院選出馬、当選した江田五月議員、新自由クラブや田英夫との連携など新たなキーマンとして注目。青井政美参議院 […]