ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム

『イノベーションのジレンマ』で有名な経営学者・コンサルタントで、先ごろ亡くなられたクレイトン・クリステンセン教授の傑作。

世界的なベストセラー『イノベーションのジレンマ』では、市場を席巻する巨大企業が、後発ベンチャーによる「破壊的イノベーション」に駆逐されるプロセスを解説。数々の経営者が座右の書として挙げ、学問的にも実務的にも大きな影響力を持った。

議論の的となったのは破壊的イノベーションの誕生は、偶然や、天才的ひらめきに任せるしかないのか、イノベーションを予測可能なものとできるのか。『ジョブ理論』はその疑問に答える試みだ

本書でイノベーティブな事業が生まれるプロセスとして注目されるのは「ジョブ」の存在。人は特定の状況で、片付けるべき用事「ジョブ」を満たす商品やサービスを用いる。しかし、ジョブを処理するためには必ず障害もあり、不満を感じながら既存製品を使ったり、結局何もしなかったりする。

ジョブは既存のカテゴリや顧客の属性などのデータ、ターゲティングや差別化では発見できない。参考にすべきは、顧客がどのような状況で、どのようなジョブを解決するため製品・サービスを使うのか、というストーリーだ。

本書の記述で面白いのが、ジョブに注目すると、必ずしも競合と目している物がライバルとは限らないとする部分。たとえばゲームの競合は、他のゲーム機ではなく、すべての余暇の過ごし方かもしれない。

また、特定の状況でのジョブには他社との比較で機能を高めるのではなく、ジョブに対応する、機能を絞った製品がイノベーションとなる。イノベーションを起こし、生産性の高い事業を起こすことが日本企業の課題として語られて久しい昨今。本書は今行われているあらゆる事業が、どのような顧客の「ジョブ」を解決するため提供されているのかを考えるうえで、有益な知見を含む。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です