雑誌 太陽1998年4月号 小学館


最後の将軍、慶喜。日本史の登場人物としての役目を終えてから、30代以降、趣味人として明治を生きた。本誌では彼の出生から将軍としての事業、開国、大政奉還など、人生を追い、そして後半生と作品を紹介する。とくに熱心に打ち込んだ写真作品を多数収録、狩猟や釣り、書、水墨画、自転車など趣味を通し、70代までを生きた彼の心象風景を伺う。

井上京子

黒鉄ヒロシ

岸朝子


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。