週刊ポスト昭和54年11月30日号


ホメイニによるイラン革命でカーター大統領は難しいかじ取り、またソ連もエネルギー、食糧、民族問題への影響が懸念、ブレジネフの健康問題が拍車をかける。KDDは政治家に波及する国際電話料金の値下げ要求を阻む贈収賄が行われていた。写楽の浮世絵、藤田嗣治の版画など、真贋かかわらずかき集めた美術品が、いかに迂回した政治献金としてばらまかれているか、その手口。メジャーリーグで40歳で20勝を達成したフィルニークロ投手と掛布雅之対談。スティーブコーゼン 青木功とワトソンのマッチプレーをミッキー安川がレポート。関根恵子を追い回す芸能マスコミの狂奔。石原裕次郎の闘病生活と石原プロの社長業の女性関係など。宍戸錠がコメント。カネボウウエマ取締役の小泉陽子

 

一ノ瀬康子

里見和香

松本英一郎

松本ちえこ

 

青木功

三沢あけみ

野村克也


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。