週刊サンケイ昭和40年8月2日号


西鉄の張本勲が街中で暴力事件に関する記事。精神的に未熟なまま大金を手にし、気の弱さを糊塗するように「野球や●ざ」のごとく虚勢を張る同選手の行状を憂える内容で、乱暴さをめでるファンにも原因があるとの分析。最近も似たようなことを言われる職業野球選手がいたような。

公の場から姿を消したキューバのチェ・ゲバラ工業相。老人ホーム協栄年金ホームの設備と料金など。シャンソン歌手の石井好子が主宰する日本版「パリ祭」。マリナー4号の火星探索。宇能鴻一郎新連載「ヌーベル精神棒」は男性のファッションブームに苦言する内容。一流会社人事特集は鹿島卯女社長以下、女系の人事に特徴を持つ鹿島建設の歴史と幹部の経歴など。

サンキストレモンの輸入で財を成した謎の人物、藤井某氏がバナナ自由化に乗じた商売に転じる。通産省の一部も関与か。美術展のビジネスで様々な噂が上がる石丸優三氏。多野郡新町の庁舎建設にかかる収賄事件、収賄側の役人とブローカーが起訴されるも贈賄側が逮捕されない謎。写真記事では東山動物園のゴリラ。表紙は芦川いづみ。

 

島津慶子

稲野和子

小川真由美

高橋誠一郎


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。