週刊ポスト昭和60年6月28日号


 

猪瀬直樹が自民党が天皇在位60年を記念して進める江戸城再建計画を批判的にとりあげる。旗振り役の中山正暉にインタビューするほか同党議員からコメントを取っており、渡辺美智雄は「反対する理由はない」三塚博は「城より迎賓館を」と。豊田商事の永野一男に独占インタビュー。国会やマスコミの報道に反論。今後の事業展開、証券商法の中身を金の権利からゴルフ会員権にスライドする考えなどを述べる。田中角栄の健康状態、また派閥内二階堂進を総裁に擁立する動き。田村元木曜クラブ最高顧問にインタビュー、竹下登の動き牽制。鈴木松美がグリコ森永事件の犯行テープの少女の音声鑑定のほか、鉄板に車が通る音など環境音を鑑定 。公明党が都議選で住民票を大移動疑惑の真偽。ロス五輪で山下泰裕と闘い銀メダリストとなったラシュワンが佐渡ヶ武部屋を訪問、まわしをしめてけいこ。野球ネタは阪神タイガースの猛打爆発は飛ぶボールを使っている都市伝説を検証。高橋慶彦らのスキャンダルを受け球界「グルーピー」の座談会。写真記事は松田聖子と結婚した神田正輝、ジャンセンやイトキン、カネボウ、レナウンなど水着メーカーの女性社員が自社製品を身に着ける。

 

鳥越マリ

滝川真子

ジャイアント吉田

今村猛


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。