週刊サンケイ昭和52年3月10日号


住宅局汚職事件にゆれる美濃部都政。美濃部知事が辞職する場合に次のキャリアは。上野の美術館館長などの声。鬼頭史郎判事補が裁かれる裁判官弾劾裁判所の裁判長となる荒舩清十郎議員、周囲が震えあがるほどの思い入れと緊張状態。取材に対しては大声で威嚇。人気の天地真理のイメージ戦略と奇行がささやかれる本人の精神状態。また中里音楽事務所と渡辺プロダクションの二重契約などにも触れる。

そのた声の仕事で引っ張りだこの森山周一郎は声優といわれるのは大嫌い。大屋政子がパリのバレエの賞を受賞。塩田丸男が公営住宅払下げ促進連合の住民エゴを論じる。住友化学の長谷川周重社長の後継。深尾照夫社長の永大産業の経営危機にトヨタへの分割譲渡も。YS11の後継に群がる世界の航空機企業。女子自衛隊員の写真記事。藤本義一と荻昌弘対談 宝酒造大宮隆社長は ビール撤退や焼酎ブーム仕掛けなどについて 総合太田病院 群馬の誘拐事件で夫婦の証言食い違い 青酸コーラ事件の被害者が自ら命を絶った背景とは。大山康晴は幼少期の写真を公開

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。