週刊宝石昭和62年4月17日号


中曽根の渡米でレーガンから内需拡大などの要求で押し切られるとの予測記事。マスターズに旅立つジャンボ尾崎の、名伯楽といわれた後藤修氏との決別の背景。尾崎を独占・コントロールする「洗脳」への周囲の反発、尾崎智治の育成方法での衝突などを指摘。野坂昭如の芸能レポーターデビューに須藤仁一朗らがコメント。アメリカから「ウォーキング」ブームがもたらされるか、小林泰彦がコメント。ナベツネ氏は読売に押し入った暴漢を退治、叩き出したと武勇伝。俵萌子に横山やすしが都知事選出馬辞退の理由を。社会党だけの支援では勝てないからだそう。斎藤綾子と姫野カオルコ対談で女性の性について。親子対談はコントラバス奏者の赤木篤美とフルートの赤木りえ。三原じゅん子『嵯峨野の宿』での大胆演技。農水省の蚕糸試験場で交配開発されたキャベツを食べるカイコ。芸能人テレホンカード特集。白鷗大学で教鞭をとる山本コウタロー。表紙は武市幸子


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。