週刊サンケイ昭和52年6月30日号


飯島清、細川隆一郎、宮川隆義、俵孝太郎が参議院議員選挙の当落予想。キャロルが演奏したことでも知られる老舗キャバレー『ウラシマ』の倒産と露骨な営業を行う新興のサロン。西武を退任する堤清二の詩人としての顔。胃潰瘍で入院中の江田五月ひきいる社市連の党内事情。菅直人ら市民系、社会党系不協和音などグループ内勢力図。非上場株式が総会屋系出版社に流れて戦々恐々のニッカウヰスキーの竹鶴家、石原裕次郎と高峰三枝子対談、プロレス入りした天竜(天龍源一郎)の将来性など。写真記事では、東京と京都の老舗店舗の若奥様。東京銀座、紬屋吉平の女将、元女優、藤浩子こと浦沢範子さん、京都からは分銅屋足袋、宮脇賣扇庵など。巻末幼少期の写真は梶原一騎。

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。