週刊サンケイ昭和52年2月3日号 


造船疑獄や吹原産業事件で知られる怪人、森脇将光と疑獄の研究家として知られる文筆家の室伏哲郎が対談。検察のロッキード事件での動きについて。政治にどれだけ手を入れるか、法務大臣の指揮権の行方などを絡めて論じる。森脇は自身の田中角栄、小佐野賢治らとの関係などにも言及。ロッキードについては田中や小佐野、佐藤孝行、また丸紅や全日空幹部など被告人の近況、生活の様子を伝える記事も。

海上保安庁水路部測量官の福島資介さん新島発見への熱意。日商岩井の海部八郎副社長とボーイング社の関係。西川英夫社長率いる東京建物の後継予想。伊藤忠が被害を受けた20億円の手形パクリ事件保谷市長に立候補した常田富士男。河本敏夫の息子の脅迫事件。相撲部屋の跡目など相関図。結婚しそうなタレント・離婚しそうなタレント特集など。

 

梶原一騎


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。