刊ポスト昭和60年5月24日号


日経新聞のスクープでグリコ森永事件の真犯人として、イニシャルSで報道された件。元共産主義者同盟議長の佐野茂樹氏が名乗りを上げ、関与を明確に否定。公安リーク説などを主張し当局と日経批判る。日経はSが佐野氏であることを否定しながら、続報を一切打たず逃げの一手という話。

帝銀事件の犯人として死刑判決を受け拘置される平沢貞通氏が、判決確定30年で主張する「死刑の時効」を前に拘置所内インタビュー。改めてアリバイの存在と冤罪、検察の不当捜査、釈放への思いを語る。拘置と釈放、死刑執行などの法的位置づけを板倉宏日大教授らがコメント。

その他若島津と朝潮の横綱昇進。NTTが打ち出す民間商法。株主総会に向け再び活性化する総会屋。『澪つくし』の沢口靖子。富士ゼロックス技術者のキヤノン大量移籍と引き抜き疑惑。有名企業部課長の行きつけの店とママの写真記事は、往時をしのばせる雰囲気ある企画。

 

安田成美

朝吹ケイト

赤坂麗

聖女隊

 

山田正亮


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。