週刊ポスト昭和60年11月29日号


田原総一朗が、脳腫瘍を患うレーガン大統領の健康状態、またブッシュ副大統領、ベーカー財務長官、シュルツ国務長官ら、後継政権のキーマンの動き、対ソ関係への影響などを分析する。企業コーナーではジャパンライフ山口隆祥氏が「マルチまがい」の批判にこたえる形でインタビュー。グリコ森永事件は、声明文に使われたタイプライター、また電話の「少女の声」の主など新展開。円高にもかかわらず酒や衣服、ガソリンなど輸入品が高い要因として服装的な輸入業者のマージン、税金などを挙げる記事。視聴率算出方法への疑問とスポンサーの声。フランク永井事件の続報。写真記事は秋吉久美子。PL清原和博。西村亜希子、花形一美ら女性キャスター特集。表紙は堀江しのぶ

 

萩原さよ子

橋谷能理子

建入ひとみ

坪井貴久美

日影忠男

小沢純

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。