週刊現代1994年3月26日号


中村喜四郎のゼネコン汚職をめぐる逮捕で、金丸信のもと盟友であった小沢一郎の逮捕に至るかという観測記事。立花隆が幕引きにしてはならないと寄稿。小沢一郎については新著『』にもある核武装・憲法改正論に防衛利権の関係を指摘する松田賢弥の記事もある。コメ不足でタイ米輸入などが話題のおり、闇コメ業界のドンが卸売・小売り関連企業に送った自由米の流通情報をの内容、経済連や農協にも流れているなどといった疑惑。相撲協会が二枚看板にしようともくろむ貴乃花と無双山。恋多き松田聖子の、逆張り的称賛記事。グリコ森永事件時効寸前。テレビ朝日の『ザ・スクープ』のやらせでは、テレ朝の制作体制の問題を指摘。『アフタヌーンショー』と『素敵にドキュメント』の件も蒸し返される始末。表紙は森山祐子

 

小沢なつき

黒沢あすか

板谷祐三子

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。