GORO ゴロー 昭和62年2月12日号


大企業に入っても出世が望めない、ということで竹村健一がコメントしアントルプルヌール(なぜか仏語)の働き方を提唱。アメリカのベンチャー事情、会社法改正なども踏まえて企業や公務員からのスピンアウト起業などの事例、ニュービジネスの可能性を探る。掛布雅之へのインタビューでは相次ぐケガと衰え、移籍・引退についての考え、4番へのこだわりなど語る。クルマ・バイクはホンダ1500GLアスペンケイド、日産Be-1、島田荘司と岡崎宏司はポルシェ911を語る。南野陽子のスケバン刑事2撮影風景。板東英二は懐妊の水沢アキと対談。清原和博と渡辺久信のチームメイト対談。篠山紀信は小原靖子(相原勇)。表紙とポスターは斉藤由貴。
堀江しのぶ
早川愛美
水沢アキ
麻美ケイ
立花理佐


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。