太陽 1970年7月号 特集 王朝文学と京都


太陽 1970年7月号 特集 王朝文学と京都

王朝文学と京都と題し、中村真一郎、福永武彦らが中世文学作品で取り上げられた京都の神社仏閣、庭園など。源氏や徒然草、宇治拾遺物語、百人一首などの歌とともに解説。なお舟橋聖一が『源氏物語』の現代語訳を開始。まずは「桐壺」から。そのほか、篠山紀信の女性写真、森田勇造氏はオーストラリアを撮る。エールス・ロック、ナマジュラ集落など。きだみのるのルポルタージュは恩方村。滝田ゆうのルポルタージュ漫画では新宿花園を行く。組写真のコンテストである太陽賞の受賞者が発表され、大賞は東京の『至福千年』(黒田靖夫さん)だ。巻末には十世市川海老蔵(撮影)のポートレート

王朝のみやび / 中村真一郎 ; 大森忠/20
京都 王朝文学散歩 / 岩宮武二 ; 近岡善次郎 ; 久留幸子/35
叙情の意匠 / 岡田譲 ; 小西晴美/70
枕草子絵巻 / 白畑よし/62
現世の大宮人の優雅な遊び / 小沢信男 ; 島内英佑/95
平安京の春 / 福永武彦 ; 近岡善次郎/52
泛春池 / 佐藤佐太郎 ; 久留幸子/57
御堂関白訪問記 / 田岡典夫 ; 中尾進/77
相聞と哀傷の歌人『和泉式部』 / 竹西寛子 ; 松田勝/82
荘園に汗した人々 / 竹内理三/87
幻の都 / 角田文衛 ; 久留幸子/90
特集ガイド 絵地図《王朝人の夢の跡》 / 永井ひろし/106
小説絵巻(第一回)「桐壺」舟橋聖一源氏物語 / 舟橋聖一 ; 守屋多々志 ; 久松潜一 ; 谷崎松子/5
幻想博物館(1)緑の脚 / 中井英夫/109
プロ・アマ談義(7)《料理》味の粋は豚足にあり / 黄玉火 ; 檀一雄 ; 松田勝/113
漫画ルポ 色彩廓続俤(1)新宿花園界隈 / 滝田ゆう/117
篠山紀信・女のかれんだあ //120
世界の旅(26)中央オーストラリア――大平原に燃える神の巨岩 / 森田勇造/122
わが企業・わが哲学(7)松下電器産業 / 相原竜介 ; 牛尾喜道/132
味と祭りを訪ねて(11)京都 懐石・いもぼうと祇園祭 / 近藤弘 ; 脇坂進/137
ドライブ・ガイド吹上浜・坊津・知覧 / 原弘文/145
小さな村から(1) / きだみのる ; 柳沢信/149
古典の細道 忍――東福門院 / 白洲正子 ; 浅野喜市/161
女人風土記 公家の女・京 / 円地文子 ; 堀文子/157
わが山河巡禮 風間浦の女(その1) / 水上勉 ; 秋野不矩/166
連載小説 芙蓉の人 / 新田次郎 ; 彼末宏 ; 並河萬里 ; 永井幸子/171
今月の人 十世・市川海老蔵 / 渡部雄吉/205~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。