週刊大衆 昭和59年12月3日号 


グリコ森永事件の「かい人21面相」包囲網。終結宣言と沈黙、そして総崩れする食品会社の決算発表を前にして、いよいよ逮捕か、あるいは犯人の次の一手か?。

農水次官の渡辺文雄の栃木県知事出馬と、バックの渡辺美智雄の思惑。快進撃を続ける小錦の谷町である千昌夫。日韓での禁止物の密輸の実態は、釜山・下関間のルートを洗う。薬物問題では曹洞宗正福寺の住職の汚染事件も。そのほか、競馬調教師の脱税、競走馬取引などの不正。高田美和や五月みどりら離婚した女優の私生活。秋本奈緒美は恋人について「ミュータント」ならぬ「ニュータント」と謎の造語。石神井公園に愛好者たちが集まるスチームを搭載したラジコンボート。表紙は加藤香子 。

 

浜田幸一

佐久間良子

田村セツ子


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。