平凡パンチ 昭和54年10月22日号


映画『メテオ』にかこつけて、隕石やら噴火やら放射線やら、カタストロフィの警告。秋の学園祭特集は、「しらけ」から、バカ騒ぎ・面白主義に転じた各大学の企画を紹介。車ネタは日産ブルーバードSSSハードトップ、セドリック・ターボ。三菱ランサーEX1600GTで行く環状6号線のドライブデート記事なんかも。ジャズ作曲家、三木敏悟が北欧、アメリカ放浪など半生、音楽論を語る。『北欧組曲』について「音楽的に自信がないものであればばるほど壮大なタイトルをつける」と自己批判も。小野田少尉との対面で知られる冒険家の鈴木紀夫氏は、以来6年ぶりのヒマラヤへの雪男捜索の構想。加東康一は演歌復権論。そのほか、東大野球部が慶応を撃破。エラリークイーン来日、原宿で人気のおまわりさん、写真記事で萩原健一のコンサート、五木寛之の半生。スーパーレディコンテストグランプリの松原千明。菊花賞。広島カープ優勝などの話題がある。表紙は大塚えつこ

 

リンダ

日野繭子

芽樹あやこ

中島はるみ

マヤ・タゴール

夏樹陽子


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。