週刊ポスト昭和60年8月23日号


猪瀬直樹の『ミカドの肖像』特別編、マッカーサーと天皇との会談を隠れてみていたマッカーサーおつきの医師、エグバーグ氏に当日の様子を聞く。後藤田正晴は江本武則と対談。巨人が好きな理由は「デブがいないから」だとのこと。西部邁と中上健次対談の「非行」をテーマにした対談後編。二人の浅田彰評がある。「正しすぎて面白くない」と西部。「彼らには下半身がない」と中上。ロス疑惑でミッキー安川が寄稿。宮澤喜一が田原総一朗にポストレーガンを語る。 愛染恭子対談コーナーは小松みどり。また総集編でこれまでのゲストを写真で振り返る。戦時中に発刊された戦意高揚、情報操作のためのグラフ誌『FRONT』の捏造写真。表紙は荻野目慶子。

 

秋吉久美子

三島喜美代

佐治信忠


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。