週刊現代昭和54年6月21日号


日本サミットを控えて過激派に神経をとがらせる当局。自衛隊の出動も視野に入れながら。ラジコン飛行機やピッチングマシンを利用したテロへの警戒など。カーター&朴正煕対談を控え、KCIA犯行説が濃厚な東京での金大中事件はどう決着するか、そして朴氏と関係の深い自民党政治家、また大平正芳首相は戦々恐々。池田大作の平和問題研究所設立の狙い、松野頼三の不動産取引と蓄財。広島県の大竹小学校で父兄らから3億円の借金をして逃げた教師。勝新太郎や仲代達也の俳優養成所から、小池一夫の「劇画村塾」藤本義一の「笑の会」、大来佐武郎のフォーラム80など各界の「私塾」の特集。西本幸雄監督への密着記事、ソ連のネリー・キムとナディア・コマネチのライバル比較などがある。ゴルファーボブ・トスキのアメリカ打法についての論争で、金田武明が否定派を徹底批判。表紙は紺野美沙子。

 

宝京子

江川卓

森昌子


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。