週刊大衆昭和47年8月24日サマー特大号


ミュンヘンオリンピック代表選手の写真特集。女子バレーボールの松村勝美、生沼スミエ、飯田高子、 体操の坂佳代子、レスリングの柳田英明、マラソン宇佐美彰朗ら。主記事は企業スキャンダル。丸善石油はじめ有名企業(ほとんどが伏字だが)の横領着服、社長の女性問題、建設省官僚との癒着、内紛などなどの未確認情報。

無気力、無関心、無責任に加え無感動の「四無主義」を特徴とする戦後生まれ高校生に、能天気な戦争賛美、徴兵制賛成などの声があるとの記事。年内解散がささやかれる政局の記事では、中国訪問で勢いをつけたい田中角栄はじめ、与野党の政治家たちの思惑。石原慎太郎が衆院鞍替えか、といった話題も。そのほか、ボクシング王者輪島功一所属する三迫ジム、三迫仁之会長の防衛戦マッチメークの手腕。海賊の首領だったという中村正司氏、松竹から東宝に移籍した上月晃のごたごたなど。

 

佐藤六朗

藤本義一

 

 

 

表紙は鮎川いづみ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。