週刊大衆昭和47年8月10日号


田中角栄の日本列島改造に含まれる、都市部大学の地方移転(大学疎開)に対する賛否両論。経済政策としての大学政策やいわゆる「産学協同」への是非も。田中角栄に関しては、彼をモデルとした松方弘樹主演映画製作の中止といった話題も。赤軍派幹部との恋愛を描いた『獄中赤軍派の彼へ (1972年) 』の内容と背景、一連の連合赤軍事件との関連など。

そのほか、北朝鮮貿易を手掛ける新会社、協亜物産。渡哲也の代役を行う弟渡瀬恒彦の評判。東京ガスの安西浩社長の退任と内紛などの話題がある。部屋訪問は岸ユキ、湘南モノレールのカラー写真、女性水着の変遷など。表紙は山本リンダ。

 

林彪

川端康成

篠ヒロコ

真理アンヌ

松尾ジーナ

加藤登紀子

藤本敏夫

伏谷靖

国久和子

蓮見喜久子


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。