週刊実話 昭和35年1月11日号


トップはスキーヤー、俳優のトニー・ザイラー来日。主演映画が次々封切られ、映画館にテレビに、デパートのスキー用品展示会場に、と連れ回され、どこからか間に立つものが現れ、でっちあげられる個人プロダクション。ほうぼうで契約トラブルを起こすなど、当人知ってか知らぬかの狂騒曲を呆れぎみにレポートしている。

その他、仲代達矢・宮崎恭子夫妻のなれそめや夫婦愛、離婚説のデマなど。東大三四郎池の風紀の乱れ。アマチュアボクシングで快進撃を続ける川上林成のリングマナーに苦言。天才木琴・マリンバ奏者の少年、宅間久善。写真記事は、銀座を歩く団玲子、木下啓介監督作品春の夢に初出演する岡田茉莉子ら。表紙は水野久美(東宝)

 

京マチ子

東千代之助

北あけみ

柿本実

青江奈美


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。