週刊大衆昭和48年5月31日号


選挙戦での大量のビラ、全国ネットワークによる動員力を持つ共産党の資金の源泉を探る記事。赤旗を中心とした機関紙・雑誌などの収入、また寄付収入などについて探る。一方、機関紙「自由新報」を持つ自民党も、大新聞から記者を引き抜くなど「神爆弾」戦略に出ているとの話題もある。

その他、赤字を出し続ける中日スタヂアムに、親会社中日新聞が売却を検討。中村扇雀の元弟子、中村扇駒が経営するバー盛況。ハイセイコーのダービー予想。実録路線ブームで人気に陰りの高倉健や鶴田浩二らの去就、東宝と東映で高倉と勝慎太郎をトレードする案があるとの未確認情報。美空ひばりと島倉千代子の新宿と浅草での興行対決。津川雅彦の意向で11PMのアシスタントを降りた朝丘雪路など。表紙はジュディ・オング

 

古沢岩美

大下美和子

神田山陽

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。