フィリピン、マルコス大統領・イメルダ夫人が亡命しコラソンアキノに政権がスタート。生々しい現場の写真が特集される。また国内の勢力争い、また米国CIAの方針などを落合信彦が分析。政変の中、フィリピン入りしてマルコスとアキノと会見した山口敏夫議員がその際の印象を語っている。サントリーの佐治敬三が退任の動き、活発化する後継者問題。松下など関西企業の「本家」を重視する文化から鳥井家への大政奉還があるのでは、との内容。そのほか深作欣二夫人の告発と松坂慶子。ファンヒーター事故からの再起を誓う三洋電機が「now let’s begin」と打った新聞広告の、井植敏社長の意図など。名古屋の国鉄用地の払い下げ問題など。愛染恭子対談はハナ肇&谷啓。表紙は国生さゆり。

田中利男
新藤恵美

重田千穂子

松村花子

草川昭三

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。