週刊宝石昭和62年9月25日号


安倍晋太郎と宮澤喜一、ニューリーダー二人が接近し、反竹下派で結束するとの観測で、これを引き合わせたのが堤清二だとの記事。なか毅郎なか存在感が示せない、生方恵一、酒井広らNHKアナウンサーの独立後、最後の砦は森本毅郎だとの記事、石油危機に対応迫られる日本において、インフレや恐慌などの懸念。解散したおニャン子クラブの樹原亜紀が、新田恵利、河合その子、国生さゆりらのエピソード。特に暴露話というほどのものではない。野球ネタは、中日ドラゴンズの星野仙一監督、落合博満、ノーヒットノーランの近藤真一らがもたらす経済効果、長嶋一茂への期待と不安。横山やすし対談は船山徹。マイケル・ジャクソンの写真記事。表紙はつみきみほ

 

佐々木つとむ

傳魚坊

大内延介


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。