週刊ポスト昭和61年7月4日号


噂される円のデノミ。それ自体には象徴的な意味しかないものの、中曽根政権最後の成果として実施推進派が動いているとの観測。印刷会社やパルプ、インキなどデノミ特需のある業種、便乗値上げや事務作業の増加などの疑問について分析している。グリコ森永事件の声明文につかわれたタイプライター「パンライター」の出どころ。岡田有希子事件で残された遺書について梨本勝が読み解く。ベトくんドクくんがホーチミンから東京へ。桑田真澄の写真記事、桑田や清原に江夏豊がスキャンダル雑誌への付き合い方を提言。溝口敦は、当時流行の就職・アルバイト雑誌の表示によるトラブル、悪徳業者による公告などをレポート。表紙は吉沢秋絵。

 

小野みゆき

ロバートホワイティング

近藤道生

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。