週刊ポスト昭和62年3月20日号


元通産官僚の天谷直弘と三菱総研会長の牧野昇が対談。双子の赤字、スタグフレーションにあえぐアメリカ経済の揺らぎ、日本の内需拡大、国内インフラ投資の充実などを提言。アメリカの金融システム危機への警告、また日本はハードの輸出が多いがアメリカにソフトを握られるとの予測、オカルト流行への懸念などもあって興味深い。

仕手筋により乱高下する生糸相場と、外郭団体を通じ買い支え価格安定をはかる農水省、政治家の蠢きをレポート。そのほかたけしフライデー裁判開始。関西電力芦原義重氏の解任劇。円高で個人輸入のチャンスとのカラー写真記事、有名企業のOLによるゴルフウェア特集。塩沢とき対談は古舘伊知郎。表紙は佐野量子。

 

中島恵利華

城源寺くるみ

安部譲二

藤谷美和子


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。