週刊ポスト 昭和54年12月14日号


首班指名で自身ではなく大平正芳に票を投じ、存在意義が問われる新自由クラブの党首河野洋平にインタビュー。80年代は連合・連立の時代だとして解党および自民党への復党はないと語る。競馬の出走ゲート製造などを手掛ける日本発馬機の5億円巨額脱税事件。献金など政治がらみではないかとの疑念。創価学会と日蓮正宗の件では『北條報告書』について。両者をカトリックとプロテスタントに例える表現などその内容に言及。藤子不二雄は二人そろって、執筆現場や日常風景などを写真取材。表紙は白都真理

 

林きみえ

井上真由美

竹下景子

関口照生


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。