週刊大衆 昭和50年11月20日号


三億円事件の時効寸前。捜査線上に浮かんだ容疑者のうち、根強い警察官犯行説、また捜査中に自ら命を絶った少年などについて取り上げる。馬主の芸能人が増加、競馬場内にしつらえられた特別ルームが社交場となっているとのこと。川口浩・野添ひとみ、北島三郎、山田太郎、ハナ肇、江戸屋猫八ら馬主有名人を一覧に。

天皇陛下記者会見で戦争責任などの「非礼」な質問の数々があったとの話題から、芸能人に天皇へ質問を聞き取る。桂三枝から阿佐田哲也、山田五十鈴、宇崎竜童、斉藤こずえちゃんまで答えており。「関心がない」から「退位についての考え」「靖国になぜ参拝しない」などなどわりと自由に答えている。そのほか、加瀬英明の週刊文春の記事への朝日新聞の抗議、パゾリーニ事件など。はかま満緒対談はキャバレー王福富太郎。表紙は小川知子

 

露乃五郎

山口 高志


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。