週刊ポスト昭和60年(1985年)9月13日号


日航機墜落事故の衝撃冷めやらず、連載のビートたけしも言及。トップ記事は元警察官僚の政治家、秦野章が日航の調査の不透明さや自衛隊の初動のミスなどを指摘。事故や災害などを新たな「敵」と設定した『国民安全保障論』の必要性を説く。吉原公一郎の日航批判。生存者の一人、小学生の川上慶子さんの獲得に芸能事務所が動いている、といったやれやれなニュースもある。

ミネベア、三協精機の株式を買い進めるイギリスの投資会社グレン社の代表にインタビュー。アメリカ企業などの動向もさぐりつつ日本企業の「TOB戦争」が起こるとの記事。ロス疑惑の話題では矢島美智子のインタビュー。利根川裕と愛染恭子の対談。山一抗争と山口組五代目争いの行方など。白黒写真ページに中村あゆみ、井上ひさし。表紙は本田美奈子。

 

野坂昭如

田中角栄

エバ・グロービゲン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。