週刊ポスト昭和62年(1987年)2月13日号


卯年に起るといわれる経済激変と大失業の観測記事。賃金よりも雇用に重点が置かれている春闘の状況などを概観。構造不況により雇用が持ちこたえられなくなる、と警告。利潤を生む新産業としてハードにソフトを加味した「2.5次産業」を提唱。政治ネタでは、売上税に関し、自民党党税調の新井将敬議員のインタビュー。もともとは反対派であったが、法案提出後のため党議拘束で歯切れが悪い。

そのほか、上場直前で浮上したNTT重役の不倫スキャンダル。のちにリクルート事件で逮捕されることになる御人。フィリピン・マニラでの若王子さん誘拐と、本誌がキャンペーンを張る日比円借款のリベート問題などを絡めて記事にしている。

松竹大谷信義恐喝事件。玉置和郎闘病記。市立中学校の納付金ランキング。有名人のお気に入りの屋台を紹介するカラーページには、岡本太郎や村松具視、片桐はいり、藤原喜明、内田春菊らが登場。表紙は工藤夕貴。

 

小林さゆり

里見和香

畑恵

中島梓

芦屋小雁


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。