平凡パンチ 昭和54年1月8日、15日号


昭和54年の新年特大号。『限りなく透明に近いブルー』の映画化で、自ら監督を務めた村上龍がつかこうへいと対談。映画と舞台の差など、かみ合ってるようなかみ合ってないような対話を展開。映画で三田村邦彦演じる主人公リュウを、グランドで走らせる原作にないシーンを撮った意図を聞かれた村上は「退廃的にロックなんかやってる奴でも、隠れて走っているんじゃないかって気がする」とのこと。竹内まりあのデビューまもない取材記事では、アメリカ留学帰りであることから「毛唐野郎」に「まさかあげちゃったわけじゃないだろうな」とか、しょうもない質問をされている。矢沢永吉を脅かす大阪から来たロックシンガーとして山本翔を紹介。200年に一人の天才ボクサーといわれた亀田昭雄の写真記事などがある。表紙は浅野ゆう子。

 

原悦子

マリア茉莉

積千恵美

青山涼子

吉行和子

田中なおみ

中島ゆたか

秋吉久美子

見延典子

ひろみ摩耶

山口美也子


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。