週刊アサヒ芸能昭和58年6月23日号


 

表紙は河合奈保子。トップは2021年1月に亡くなったラテンの女王坂本スミ子の記事。ラテンの女王として紅白に5年連続出場、そして今村正平監督『楢山節考』でカンヌ受賞女優となったが、直後に薬物問題が発覚。起訴された知人カメラマンとの関係やら、夫の医師との離婚問題やらの詮索記事。偽カルチェ事件で家宅捜索が入った山口組と、偽物の製造密売にかかわった堅気の企業に関する報道。

韓国プロ野球で試合中の抗議で審判に暴行した金振栄監督の話題から、日本の判定トラブルについて考察。審判の弱腰さと技量の未熟さを嘆いている。その他プロテニス界の八百長問題、国債100兆円突破などの話題。巻頭で歌手デビュー記念のグラビアをみせる「フェイ」は1983年の千葉大女医事件犯人との関係が取りざたされたフィリピン人ダンサー。

 

大津健一

立川談志

アントニオ猪木

羽仁五郎

ビヨンボルグ

イワンレンドル

レンドル

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。