週刊ポスト昭和61年10月17日号 


トップ記事は玉置和郎総務庁長官による農協批判。金融業務が肥大化する農協を営農指導を主とする団体に引き戻し、食糧管理法に守られた農業の改革を提言する。その他、日本航空伊藤淳二会長の組合対策と人事、それにかかわる山路進社長との対立などの記事。国鉄民営化に関し、自民党国鉄改革推進本部長代理、前運輸大臣の三塚博インタビュー。新会社人事、東北新幹線の「我田引鉄」、国鉄関連企業からの献金などによる政治介入、利権化について突っ込みを入れる。松田聖子の今でいうママタレ活動を「出産商法」と嫌味。パチンコ裏操作などの話題も。表紙は大西結花

 

中島恵利華

片岡鶴太郎

山田詠美

黒木香

徳大寺しょうこ

西尾かおる

藤崎美都

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。