週刊現代昭和59年9月1日号 


トップはロス疑惑の捜査に当たり、物書きに転身したジミー佐古田のインタビュー。三浦事件における供述や当局の動きなど矛盾点などを語る。そのたロサンゼルス五輪で惨敗したマラソン瀬古利彦と、金メダルを獲得した柔道山下泰裕に関する現地レポート。電撃的な解任劇で三越を去った岡田茂の本田靖春によるインタビューでは、岡田がおしすすめた文化事業のねらい、そして解任を主導した「サラリーマン重役」への恨み節。また、全斗煥大統領来日に関し、ラングーンなどで幾度も襲撃された大統領であり、国内外様々な勢力によるテロ行為に厳戒態勢との記事。写真ページでは経営者や政治家、芸能人、作家らの軽井沢の別荘紹介。なかにし礼対談は小田かおる。表紙は樋口可南子

 

武田豊

浅尾法灯

大竹しのぶ

北杜夫

鈴木俊一

宗猛 宗茂

江川卓 定岡正二

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。