週刊ポスト1995年11月24日号 


アメリカを舞台とした大和銀行事件の顛末が様々に取り上げられている。買収をうわさされる住友銀行巽外夫氏へのインタビュー、また同事件の隠蔽、不良債権問題を含め、無策の財務省を批判する官僚覆面座談会。オウムに関しては国松長官狙撃事件への「第三国」の関与の可能性、また宗教法人法改正と池田喚問問題。バレーボール協会幹部のバックマージン受領などの疑惑。ポスト名物の相撲スキャンダルでは、有名部屋のおかみさんに関するゲス記事。グラビアは大沢逸美や風祭ゆきら。表紙は大西結花。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。