利益処分 西澤脩 カッパビジネス 光文社


会計学者西澤氏のカッパ会計本。今回の焦点は「利益処分」。株主総会で決議される役員給与や配当だけではなく、社員の給与、法人税など税金、事業用不動産の賃借料などを含め、事業でのもうけがどう分配され、誰の手に渡ってているか、という独自の視点で上場企業の決算資料、公的統計などを使い分析していく。労働分配率や内部留保、投資性向、税負担率などさまざまな要素が見えてくる概念。給与制度のあるべき姿などにも言及しており、興味深い。副題の「あなたの稼ぎは、どこに消えるのか」にもあらわれるように、給料が上がるとともに、物価が急激に上がっていたころ、自分が働く会社、業種に、そして日本に何が起こっているのか、自分がどのくらい豊かになっているのか、という、当時のサラリーマンのもっていた興味の一端もわかる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。