Pen+(ペン・プラス)『完全保存版 1冊まるごと、神田松之丞』


 

講談界の二つ目にして風雲児、神田松之丞(現真打、伯山)を特集したムック。本人のインタビューはもちろん、所属する若手芸人ユニット「成金」メンバーの鼎談、講談の歴史や持ちネタ一覧、寄席劇場の紹介、師匠神田松鯉や高田文夫らによる松之丞評、本職以外での活動の旗艦ともいえる『問わず語りの松之丞(現問わず語りの神田伯山)の発言集、番組スタッフインタビューなど盛りだくさん。本人との対談記事も多数あるが、とくに尊敬する伊集院光との対談では、文字での収録からも読み取れる質問攻めにより、後日「絶縁」を言い渡される伝説のしくじりを生んだ。その事情が分かったうえで読むと、最大限のリスペクトが読み取れる内容ながら、なぜかヒリヒリとした緊張感。

Amazonマーケットプレイスでは2020年7月現在1659円から。定価よりも高くなっている。大名跡を継ぎ、息長く活躍するのは確実であり今後もしばらくは高止まりすることが予想される。

ムック: 104ページ
出版社: CCCメディアハウス
ISBN-10: 4484147521
ISBN-13: 978-4484147529
発売日: 2018/10/25
Amazon 売れ筋ランキング: 本 – 61,356位 (20200704)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。