英単語記憶術―語源による必須6,000語の征服 岩田一男著


英単語記憶術―語源による必須6,000語の征服 (カッパ・ブックス)

英文学者岩田一男氏による1960年代末のベストセラー。何度か再版されたが最初はカッパブックスの一冊だ。日本語の語呂合わせのような意味のない覚え方ではなく、単語の語源などから要素に分け、連想していくように数十個の単語を習得していく方法で、効率よく6000語を覚え、さらに初めて見る単語の意味もなんとなくわかるような英語の言語感覚を身に着けさせるというなかなかに崇高なテーマで、ユーモアあふれる読み物本を書いた。カッパではほかに、日本人には意味のないつながりに見えるイディオムの動詞や前置詞などのつながりを感覚でつかむ「英熟語記憶術 重要5,000熟語の体系的征服 (KAPPA BOOKS)」、また絵と単語をつなげる「英絵(えいえ)辞典―目から覚える6,000単語 (1968年) (カッパ・ブックス)」など、なかなかに意欲的な著作を何冊か残した。

Amazon6月19日時点で、ベストセラーの英単語記憶術は1円から。読むためならちくま文庫などからリメイクされているものがよいだろう。

 

【著者】

岩田一男(いわた かずお)

1910年横浜生まれ。東京外国語学校(現東京外大)英文科卒業。高校教諭などを経て一橋大学教授に。文学者としてはロバート・ルイス・スティーヴンソンの研究で著名。英語に関する著作を多数執筆した。1977年没。

 

英単語記憶術―語源による必須6,000語の征服 (カッパ・ブックス)

単行本: 264ページ
出版社: 光文社
ISBN-10: 4334002412
ISBN-13: 978-4334002411
発売日: 1967/03
Amazon 売れ筋ランキング: 本 – 500,805位


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。