人間感覚のマネジメント―行き過ぎた合理主義への抗議ヘンリー ミンツバーグ (著), 北野 利信 (翻訳)


人間感覚のマネジメント―行き過ぎた合理主義への抗議

マネジメントは「科学」なのか。---また机上の理論だけで、人を動かし、組織を機能させることはできるものなのか。経営情報システム(MIS)は万能なのか。ミンツバーグは、企業で実際にマネージャー職にある者たちに随行する研究をもとに「戦略的決定」が下されるプロセス、「組織の構造化」「権力関係」などの淵源を探る。実践を重視した行動分析的アプローチにより、芸術的・右脳的なマネジメントを析出した本書は世界的に話題となり、経営学の学問的な流れにも大きな影響を与えた。

発売後30年がたつも、価格は安定しており2020年現在3000円から。

【著者】

ヘンリー・ミンツバーグ(Prof. Dr. Henry Mintzberg )
1939年生。カナダのマギル大学デソーテル経営大学院で経営学を教える。ポーターらの理論を批判した『マネジャーの仕事』が世界的に注目される。
単行本: 628ページ
出版社: ダイヤモンド社
言語: 日本語
ISBN-10: 4478170258
ISBN-13: 978-4478170250
発売日: 1991/02


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。